もうすぐ節分です。

平安期、節分の日に鬼門(東北)の方角から鬼が都に潜入し、災難を持ってくるという流行が広がり、人々は鬼が嫌うトゲのある木(ヒイラギ)と、魚の臭気で撃退しようと考え、ヒイラギの枝に臭いの強いイワシの頭を刺して間口に立てた。 これが「いわしの頭も信心から」ということわざの由来。これ以来、2月3日にイワシを食するようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です